CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiFi Body Scale WBS01
WiFi Body Scale WBS01 (JUGEMレビュー »)

乗るだけ無線体重計。i-phoneアプリに自動送信。クソ便利。
MOBILE
qrcode
<< 大雪・超絶渋滞 | main | 京王全国うまいもの大会 >>
蓼科山いってきました【100名山】
201301131434001.jpg

2013年初登りは蓼科山へ。

12月に北横岳登った時、比較的簡単に登れる雪山エントリー山ということで目星をつけておいたんだけど。最短ルートから登るとなんと1時間30分で登頂できるというではないか。岩場も多いらしいけど雪なら関係なかろうもん。逆に登りやすくて好都合じゃないの、っつうことで再び蓼科高原へ。都内から諏訪インターは比較的近くていい感じ。

201301130949000.jpg
晴天そのもの。左に見えてるのが蓼科山。独立峰でけっこう目立つ。

蓼科山頂へのアプローチは大きく南側か北側の2方向。冬期は往復4時間30分の女神茶屋(南)か、往復3時間の七合目登山道(北)のどっちか。南のほうがアプローチはゆるくて、雪もハードではないという。北はとにかく距離が短い。蓼科高原スキー場のゴンドラも使える。

10時くらいに着いたら30台くらいの女神茶屋のパーキングは満車。でも天気もいいし、北側コースにもトレースもあるだろうし、どちらでもいいか、っつうんで北側に回る。

201301131103000.jpg
スキーヤーオンリーゲレンデ蓼科高原スキー場。駐車場は満車の場合もちょっと上にあると止められるので便利。こっからゴンドラ(往復900円)で距離を稼ぐ。

201301131121000.jpg
ゴンドラから南側。女神湖では氷の上をマイカーで走れる湖上ドライブつう珍しいアクティビティがやってるみたい。

201301131124001.jpg
山頂駅、御泉水自然園ステーション。こっから20分くらい登山道まで歩く。

201301131151000.jpg
七合目登山道。夏場は夢の平林道(有料)でここまでも来れるはず。駐車場もある。その先も大河原峠っていう登山道があるからそこまで足を延ばしてもいいかも。

201301131235000.jpg
さくさく登る。12本アイゼンの威力はスゴい。斜度は結構あるように感じたけど全然滑らない。

201301131248000.jpg
途中の<天狗の露地>。見晴らしよし。

201301131323000.jpg
頂上したのポイント将軍平。蓼科山荘は冬期休業中。こっから山頂まで30分。ベンチとか埋まってる。休憩用に携帯座布団とかもってくればよかった。

201301131409000.jpg
急!雪も深い。

201301131419000.jpg
振り返ってみる。登りの最後のところは森林限界を超える。

201301131503003.jpg
超えたところ。斜度キツくて雪道に慣れないと怖い。これ風があってトレースなしになるし登れないだろうなと思いつつ、アイゼンを突き刺しつつ登る。

201301131434000.jpg
んで、ゴール!
頂上は広い。岩がゴロゴロ系。眺望も360度あって素晴らしい。ここはいい山!

バスルートがあるから、女神茶屋に車デポって南側に降りてくルートも設定できそう。これは夏も来てみたいね。

帰りは一気にくだって、ゴンドラ16時30分に乗り込み下山完了。雪道慣れないせいかゆっくりペースで登って正味5時間かかったけんな!

日帰りも全然可能だったんだけど、去年登れなかった霧ヶ峰も追加で登っておくか、つうプランのため蓼科で一泊。ここらへんはスキー場もペンションも多くて選べて楽しい。

百名山の車山山頂はゲレンデリフトに乗るだけのイージーコースだし、近くの霧ヶ峰スキー場はエアボード専用ゲレンデもあるし、せっかく来たんだし蓼科でちょっと遊んで帰ろう、つうもったいない発想。のちにこのチョイスが首を絞めるわけだけど。



んで、明けて14日。一転、猛吹雪。2日連続好天はさすがになかった。
いやあ、この時点で一路東京に向かえばよかった。と後に思うんだけど、スキー場でけっこう強い雪、ってのは普通じゃん?

がんばって登っちゃおうか、って思ってしまった。

201301141033000.jpg
車山の麓の様子。埋もれております。
晴天率80%の謳い文句のゲレンデの荒天のほうの20%を当たり前のように引く。これが雨男の真価ともいえよう。

201301141033001.jpg
視界は最悪。ゴーグルしないと歩けないくらい。

201301141123000.jpg
でもボチボチ人はいる。まずは車山高原スカイライナーに乗り込む。

201301141130000.jpg
んで、もいっぽん乗り継ぎでスカイパノラマ。これで山頂に着く。
ちなみにスカイパノラマはほとんど人おりませんでした!ちょっと埋もれてんじゃねーか。

201301141138000.jpg
これ、一応山頂ね。奥にぼんやーり見えるのが気象レーダー。降り口から20mくらい歩いてゴール。

201301141142002.jpg
ピークハント完了。天気よかったら気持ちいいんだろうね。

こっからスノボーで滑って下山。車で出たのが14時。


帰り道、ナビがリルートしまくるから、「?」って思ってたら最寄りのインター高速通行止め。これは、、、と思ってたら案の定、諏訪、諏訪南、小淵沢、長坂、韮崎ってどんどん先のインターを目的にしていきやがる。んで夕方前には全面通行止めになってしまった。

いやー、先に帰っておけばよかった。10時の時点で帰ればギリで帰京できたのになー。

しょうがない。んであとはゆるゆる20号を動いて甲府で宿泊した。小淵沢の時点で雪もやんでたし、一泊すればさすがになんとかなんだろ、というヨミだったんだけど。

実際はまあ、そううまくはいかなかったよね、という話。帰れる時に帰っておけ、とそういうことですな。いい経験になったよ。

これで蓼科エリアの百名山は押さえた。あち八ヶ岳は天狗岳を登ってみたいな。
| before-山登り | 13:10 | comments(0) | - |
コメント
コメントする