CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiFi Body Scale WBS01
WiFi Body Scale WBS01 (JUGEMレビュー »)

乗るだけ無線体重計。i-phoneアプリに自動送信。クソ便利。
MOBILE
qrcode
<< nike+ 1,000キロ達成 | main | 12月のまとめエントリー >>
美ヶ原いってきました【100名山】
2012年ラスト百名山チャレンジ。

スカルパと12爪アイゼンの投入テストを兼ねて、北横岳、美ヶ原、霧ヶ峰を設定。あわよくば2峰を制してしまおうという欲張りプラン。八ヶ岳は赤岳登ってるから百名山目標は美ヶ原、霧ヶ峰。

5時に家出発で北八ヶ岳ロープウェイが動く9時に到着しておけばよかろうもん、というスケジュール。


、、、、、起きたの6時だったは。よゆうの寝坊。前日の飲んだのがいけなかったか。帰省ラッシュシーズンでの1時間遅れはいたい。急いで関越に乗って、上信越→佐久南からのルートを設定。んでも案の定、渋滞に巻き込まれる。

関越80分、上信越80分のハマリ。着いたの12時過ぎだかんね。1時間起きるの遅れただけで3時間変わるから怖いね。

しかも途中でニュースチェックしたら「笹子トンネル今日から開通」とか言ってて悶絶した。それを先にいえよ、と。なんのために関越使って回り道したんだよ、と。


まあ、しゃあない。
時間的に霧ヶ峰は諦めてまずは北横岳を登ることに。
ここは、簡単。
ロープウェイで山頂まで行って、坪庭っていうゆるやかな平原を歩いて、すこし登って1時間くらいで山頂の雪山エントリーコース。

2237地点からスタートできるのであります。
ロープウェイはボーダー、スキーヤーの中に登山客2割、ってとこかな。意外にいる。普通の観光客のひともいたり。

俺にしてはめずらしく快晴。これは気持ちいい。
アイゼンもいい感じ。まったく滑らないから超登りやすい。

山頂直下の北横岳ヒュッテ。結構お客さんいたな。

山頂。ぐるりと絶景。珍しいよこの晴れは。
山頂は風が強かったけど、実際、あったかくて上着いらなかったくらい。


んで、降りて目的地である美ヶ原へ。

王ガ頭ホテルに泊まれれば、なんと、ホテルから美ヶ原山頂まで100mというモストイージーコースがとれるんだけど、人気ホテルで予約できんかった。
なんで、逆側の山本小屋ホテルに宿泊することに。

北横岳から車で1時間30分。最後の峠道がやたら長くて閉口する。山道40分くらい走る。暗いし、道は凍ってるし結構辛かった。行き止まりのどんつきが山本小屋。奥まりすぎだろて感じ。

外観撮るの忘れた。

このホテルはよかったよ。ホテルって名前だけど山小屋の中間くらいな感じ。
ボロいんだけど、味がある。メシも大量にでてきて、その全てが美味かった。馬肉のすきやきとかニジマスとかコースいっぱいでてきた。温泉まである。このアプローチさえなければもう一回泊まりたい。

んで、朝からメインの美ヶ原攻略!って段取りだったんだけど、まあ、そこはおなじみの固有スキルが発動する。夜から風が強くなってきたなー、て思ってたけど、朝起きて窓開けたら当たり前のように吹雪。

宿の目の前からホワイトアウトしてる状態。諦めようかな、と思ったけど、折角きたんだし、と自らを奮い立たせてチャレンジ。

いやコース自体は全然難しくないのよ。歩行時間1時間くらいだし。道も牧場の柵沿いに行くだけだからコースアウトもない。吹きさらしで路面は固くなってるんでラッセルの必要もなし。眺望もなんもないのになんで行くのかっていう感じだけど、ピークハンターに理由なんかないだろ。

んでド吹雪を歩く。風で歩きにくいのなんの。
ちなみに寒過ぎて携帯カメラの電池は放電してしまった。

一応写真。一枚撮ったら電源落ちちゃった。

これが山頂。雪原も晴れてれば最高なんだろうな、ってシチュエーションだったけど、これじゃそんなことを考えてる時間もなく、吹雪が横っ面をひっぱたく。

帰りはフォロー風だったんで30分で帰還。
すっかり濡れ鼠になったは。
この吹雪のなかでスノーカイトやってる集団いたけど、マジでスゴいと思った。

んで、5時間かけて東京に帰還。帰りは中央高速で。午前中初で早めに抜けたから渋滞はほぼ回避できてよかった。


今月もようやく百名山登って、今年も登り納め。おつかれさまでした。

そんじゃ また 来年。 

| before-山登り | 08:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする