CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiFi Body Scale WBS01
WiFi Body Scale WBS01 (JUGEMレビュー »)

乗るだけ無線体重計。i-phoneアプリに自動送信。クソ便利。
MOBILE
qrcode
8月のまとめエントリー
 なんとなく後半は後手と裏目にまわってしまった感の強い8月。なんだかんだ飲んでばっかりだな。出かける時は大体天気悪かったりしたからなー。

01日(金)東北旅行計画
02日(土)会津駒ヶ岳登山→高杖原ペンション泊
03日(日)燧ヶ岳登山→永福焼肉
05日(火)渋谷キリンシティ→肉寿司
06日(水)吉高ちゃんと三丁目飲み→スカしで方南ガールズバー
08日(金)高校飲み。18年ぶりとか懐かしい。飲み過ぎ。
09日(土)荻窪ボルダリング→ボーリング→ダーツ3時まで。
10日(日)びっくりドンキー→阿佐ケ谷ゲーセン
13日(水)階下の女と合コン
14日(木)吉高ちゃんとハルチカ飲み→再スカし
15日(金)東北旅行1日目 岩木山登山 弘前泊
16日(土)東北旅行2日目 片頭痛 浅虫温泉泊
17日(日)東北旅行3日目 函館ベイエリア
18日(月)東北旅行4日目 帰宅日
21日(木)接待飲み 新宿2丁目3丁目 
22日(金)接待飲み よろにく→六本木チック
23日(土)吉高ちゃんと川崎ラゾーナ多摩川花火→『るろ剣2』
→3度目のスカし。搬入をミスった俺の責任もあるけど。
24日(日)晴海BBQ→銀座ダーツ→シミュレーションゴルフ→333BAR
27日(水)渋谷飲み→『365日のシンプルライフ』1時まで飲み→ラブホ
29日(金)地元飲み
30日(土)自宅BBQ→ガールズバー→ClubASIA ガラケー紛失
31日(日)会社競馬 旅行予約→吉祥寺キャバ→ブロウジョブ屋


登山は3峰。東北旅行と南会津。バーベキューは自宅開催も含めて2回。映画も2回。花火、合コン、キャバクラと振り返れば結構予定は入ってたな。女とはそれなりに遊んでるんだが、それでもとびきり充実した!という印象じゃないから、理想をトレース仕切れてないんだろうなー。吉高ちゃんとセクスできてれば多少は印象変ったんだろうけどさ。

あと競馬はおなじみ全負け、マイナス5万ってとこだよ。これもあんまよくないよなー。金使いすぎてんだよな。それでも主体的に動いてれば納得感あるんだが、酔ったり誰かに巻き込まれて金使ってるから不本意な感じだよな。

ちょっとふわふわしすぎた、引き締めていかねばなー。女絡みでは吉高ちゃん以外にも出会いの場はいくつかあったし、多少ストックも積んだ分、案件も固めていってもいいはずなんだよな。
| before-その後 | 14:02 | comments(0) | - |
借り暮らし(ウィークリーマンション)のアリエッティ2日目
  昨日は激務の山を越えたんで17時30分にはとっとと帰った。

ヨドバシでちょっと仕事関連のものを物色して、借り暮らしマンションへ。マインズタワーの裏側だから普段は歩かないけど、改めて見て歩くといっぱい店あって面白いな。ヒューガルデンビールの店、中華喫茶、うどんの飲み屋とか、なるほど楽しそうじゃねーの。要散策だな。

んで、部屋に帰ったんだけど、なんか臭せーんだよ。なんだよ、これと思って発生源を調べたら、レンタルの掛け布団だった。納豆くさいというか、生乾きの臭いに汗を凝縮させたみたいな。おい、マジふざけんなよ。布団屋に言っていっそ交換してもらおうかと思ったけど、面倒くさいんで、そのまま無印にタオルケット買いにいった。荷物が増えるけど、まあしょうがない。今年の夏は使うだろ。

で、そのついでといってはなんだけど、夜の友としてエロDVDショップでエロDVDを物色。気兼ねないオナニー、ってのは独り暮らしの特権でもあるわけで。ラストラスのギャル妻ものと、ファンタジスタのギャルオムニバスものを2本を購入。んで雑感。企画系ギャルでも桐生さくらはなかなか可愛いので伸びしろはあるな。リリースも増えれば人気もあがるだろうけど、露出が増えると飽きも早い。最早RUMIKAとか月野りさとかチャプター飛ばすレベルだもんね。最初見た時は感動したものだけど、AV女優の宿命というやつかね。結局ワンパターンなのよね。そういう意味では一線を張ってるエスワン系女優の芸の引き出しの多さっていうか、スゴさが分かるってもんだよ。

ほいと、エロ繋がりでジェツコミックの『セキララ彼女』の2巻を買った。成年エロ本装丁だけど、いちおう青年コミックなのな。作者のLINDAはNTR系の御大らしいが、堕部分の女性心理描写にもうちょい踏み込みが欲しかった。ま、俺のこれは主観だし、ジェッツだからエロ規制もあるのかもしれん。いずれにしてもこういう本とかは完全に荷物だからなー。もうzipでくれよzipで。

帰り途中に近くの中華屋で瓶ビールと餃子と麻婆豆腐を食べて、近所を散歩。で、このままウィークリーマンションに帰るのもなー、てんで以前行ったことのあるガールズバーに行く事に。わりと混んでるのな。カウンター前に座った子は19歳とかで接客の態度は悪いんだけど、そこが逆に素直でなかなか面白い感じであった。よくいる「アタシこういうヒトなんですよー」みたいなくだらねー自分話を一方的にする奴とか、「お仕事は?お休みは?」みたいな紋切り型の質問しかしない奴よりかはずっといい。

あとね、必勝法なんだけどキャバ嬢は80%くらいの確立で『ワンピース』を読んでるんで、ここらへんを突っ込むとなかなか楽しい会話ができる。多分ラスボスは黒ひげティーチだよ。って話せばいい。具体的にいうとインペルダウンで仲間にしたシリュウ、カタリーナデボン、サンファンウルフ、バスコショット、アバロピサロ。元の仲間のドクQ、ヴァンオーガー、ジーザスバージェス、ラフィットで計10人。ルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパー、ロビン、フランキー、ブルック、あと多分サボが生きてるから仲間に入って10人。最後はジャンプおなじみのタイマンバトルで決着!どん!!!で間違いない。



、、、なんかとりとめなくなったな。よしなし出来事を羅列するとこうなる。以上借り暮らし生活二日目の様子でした。

JUGEMテーマ:日記・一般
| before-その後 | 18:00 | comments(0) | - |
借りぐらし(ウィークリーマンション)のアリエッティ1日目
 先週は忙しすぎてマジで憤死した。

ようやく週末にウイークリーマンション借りたよ。調べてみて分かったんだけど、結構たくさんあるのね。しかもまあまあ安い。俺が借りたのは代々木の12日間で寝具や清掃費・契約費とかコミコミで6万弱のところ。

契約とか鍵の受け取りとか面倒くさいんかな、と思ったけどメールとファックスで全て手続きが済んだ。問い合わせて、メールで送られた契約書をファックス送って、カードで支払いしたら、オートロックの8桁の暗証番号が送られてきた。なんというシステマチック。鍵とかないんだ。

新宿駅まで3分で便利だけど、とびきりキレイなわけじゃないね。築13年の20平米の1K。生活家電は揃ってるんで自炊洗濯は可能。ただアメニティーセットは一切なし。タオル、シャンプーリンス、歯磨きカミソリ、ティッシュなし。マグカップも無し。リネンもない。ゴミだしは必要。で、一泊大体6000円くらいの計算か。。。

で、今さら気づいたんだけど。これ、ホテルに住んでたほうが楽じゃね?ちょっと割高だけど、毎日シーツ交換してくれて、毎日新品のアメニティーだったら断然こっちのほうがいいや。調べたら、連泊セットで安くなるとことかあるし。ワシントンホテルで9泊7万円だもん。これは、、、こっちの方がいいだろ。うん、次はホテル住まいにしよう。

いまんとこカードとローリングサンダーがあれば、住むところは限定しなくてもいいかな。金はじゃかすか減るけど、とりあえずはそれはもう置いておこう。


ウィークリーマンションの利点は、、、ホテルに比べてちょっぴり安い。プライベート感覚で自由に使える。もうそんだけじゃない?備え付けのレンジとか炊飯器とか使わないしなあ。女とか連れ込まない限りはメリットはない!と思う。

まあ、場所はよさげなんで、せっかくだからいろいろ散歩してみよ。
契約は来週の金曜まで。

さて、今日は身の回りグッズを集めてみよう。

| before-その後 | 15:15 | comments(2) | - |
仮暮らし生活進行中
現在、アリエッティか俺か、ってくらい仮暮らしの身なんです。
結局、部屋は追い出されてしまったわけで。荷物残したままだからいずれ戻るけどさ。

で、いまはテント暮らし、ってわけじゃねーけど、
親戚の空き家になってる家があるんで、そこを貸してもらってる。

でも、まあオンボロもいいとこ。ゴミ屋敷とはいわねーけど、不要なものが多すぎる。その家の和室の一角に、おなじみZライトと寝袋で生活しとるがな。水道、電気は通ってるけど、ガスは無し。つまり風呂も無し。悲惨な感じだぜ。

ぶっちゃけ着替えと洗面用具と携帯の充電器と現金があれば最低限度の生活はできる。でも3日目に突入したけど、ガリガリ体力が削られてるのが分かるな。あれだよ、ヒットポイントが回復しねーんだよ。誰かんち泊まっても、体力満タン回復ってしないじゃん?あの感覚。なんか夜中とか明け方とかに目が覚めて、眠れない感じ。

パッキングライフとは、これほどまでに孤独でさもしいものなのか?俺にタフネスさが足りないのかね。この、あばらや生活は心も体も荒む一方だわ。絶対にネズミがいる感じだし。住めないって。

モンベルの100リットルウィーリーダッフルにブチ込んで安ホテルかウィークリーマンションにでも連泊しようかな。金はかかるけど、まだそっちのほうが快適な気がする。


| before-その後 | 14:01 | comments(0) | - |
ケータイロックとプライバシーポリシーについて

 俺のケータイのセキュリティの杜撰さたるやなかった。ざる、というより最早、筒だった。個人情報の宝庫の管理がなんであんなにグダグダだったのか。

今さら反省しても時遅しなんだけどさ、浮気相手からのメールとか全く削除せず、そのまま枕元に放置してたもんね。フォルダロックとか考えたこともなかった。ま、ある意味そのあたりの態度が自然にナチュラルセキュリティになっていたのかもね。田舎の民家みたいなもんか。鍵もしないし、ろくなもんないだろうから、入る気もしないみたいな。


みんなどうやって対策してるんだろうか。まあ、そりゃ怪しげなメールをやり取りしない、というのが一番の対策なんだろうけど、そうも行かない奴はいっぱいいるだろうて。


メールはこまめに消す、サイレントモードで無音で受け取るみたいな、基本的な嗜みに加えて、より強固なプライベート環境をすこし勉強してみたよ。
で、今回ちょっと説明書を読んでみました。色々分かった。


まず、超初歩。<ロック系>。

パスワードロック。古典的ゆえシンプルかつ強力。フォルダやメールボックスに4桁の暗証番号を設定できる。盗み見とかには強力無比なブロック力を発揮するけど、当然「なんでパスワードかけてんの?」っつう疑念を生むという弱点も持つ。メールフォルダ系にパスかけると怪しさ満点なんで、端末全体にカスタムロックかけて「ケツポケにいれるから、誤作動防止だよ」と言い張るしかない。解除パスいれるの面倒だし、使い勝手がガクンと落ちる。慣れもあると思うけど。あと俺のはICカード認証でもロックできるみたい。お財布ケータイだからさ、とかの言い訳も効きそうだな。

ま、でもこのロック系セキュリティは盗み見以外にはマジで無力すぎる。「いいから、この場で見せて」とか言われたらその場で終了するしかない。


これも古典だけど、<ダミー系>。

ダミー登録電話帳に、ダミーフォルダーを使ってパッと見の怪しさを軽減する。女の名前を『高橋係長』とかに変えておいて、『仕事フォルダ』に振り分ける、っつう例のアレだよ。偽装という意味では単純ゆえに効果的。ただ、「係長と深夜にやりとりしすぎ」とか突っ込んで内容を見られた場合は当然憤死する。下手な小細工分怒りも倍増するので注意が必要。また、ロック系と組み合わせることで、ダミーのダミーみたいな使い方もできる。誕生日みたいな分かりやすいパスワードをセットした『仕事2』とかのダミーフォルダーに他愛もないキャバ嬢とのやりとりを入れておいて、本命は別のフォルダにしれっと隠しておくとか。夜神ライト的なことも可能ではある。

話はずれるけどi-phoneのVideoSafeつうアプリのダミー機能はスゴくて、間違ったパスワードを設定回入力すると、パスが解けたように見せかけて、予め用意しておくダミーフォルダに誘導する。スゲーセキュリティ機能付き。しかもアクセスした日付と回数が表示されるという仕様になっている。


そして強力、<ステルス系>。

俺全然知らなかったんだけど、今のケータイには『シークレットモード』なる機能が実装されている。シークレット設定した電話帳、スケジュールがシークレットモードでしか見えなくなる。シークレットモードは待ち受け時にワンタッチで解除可能という仕様。あとはメール、写真、動画、ブックマークをシークレットフォルダに突っ込める。ただ、俺のケータイだと肝心の未読メールがシークレットフォルダに振り分けられなかったから、マジで意味がなかった。ドコモのどっかの機種はパねえらしいけど。フォルダはもちろん、発信着信履歴ごと消えるし、メール受信も無音かつ一切の通知がでない上、シークレットモードと通常モードの見分けがつかない、という最強スネーク仕様。有名になりすぎてこの携帯を使ってるとすでに怪しいらしいけど。という凶悪ぶり。


でもいずれにせよ俺のケータイはメール通知、着信がモロバレ。単に電話帳登録の名前が表示されないというだけの糞仕様なのであまり意味がない。『発信名:mika-love0213@docomo』みてーなアドレスが表示されてどこがシークレットなんだよ!クソ!責任者呼んでこい!あとシークレットモード時の表示がアホみたいにデカいので意味をなしてないよね。目立たなければまだ使いみちあるのに。。。



『仕事』フォルダを作る
仕事関係のメールの一部を転送する設定にする
女関係を転送アドレスに全部リネームする
リネームのメールを振り分け設定にいれる
仕事のメールと見分けがつかなくなる


俺が考えたのはこれかな。。。
よかったら悪用してくれ。


まー、i-phone使って脱獄すればほぼ完璧に隠せると思うけどな。端末、アプリ、と何重にもパスかけれるし、アプリごとステルスも可。メールはwebメールやtwitterのDM、IMG使えばいい。ただ連絡帳のフォルダ管理と振り分け、それと電話には意外と弱いのがネックか。


あんね、携帯で大事なのはセキュリティモードじゃない。セキュリティモードの隠し方なんだ!開発者に告ぐよ、お前ら、ユーザーの気持ち考えたことあんのか、と。したり顔でロックしたフォルダにデッカイ鍵マークとかシークレットモード時にデッカイ鍵とSマークとか出してんじゃねえぞ!

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

| before-その後 | 14:27 | comments(2) | - |
ギャルズトーク的淫蕩と『遊び』からの卒業について
『遊ぶ』ってなんだろーね。
いろいろあるけど、今回は女を絡めた遊びについて。

現状、俺の想像しうる女遊びについての答えは、プレステージの『ギャルズトーク』シリーズを見てもらえば、そこにあるんでyourfilehostかDMMのサンプルでも見てくれればいい。


こういう放蕩淫蕩生活を毎日繰り返してれば、さすがに「女はもういいや」ってなりそうだけどね。

これは現実的ではないよね。
進路希望:『AV男優』理由:『セックスしたいから』って書いて学校に提出した俺のダブリ先輩ならいざしらず俺ももう軽く三十路超えなんスよ。

セコくキャバクラでチャンネー口説くのが関の山だよ。ナンパするほど元気なツレはいねえし合コンとか言っても、来る女はやけに本気度の高いオバサンばっかで、遊ぶ感じじゃないもん。。。

と書いたところで、まあ所詮、本気で取り組んでないからなんだよねー。状況を分析して、諦める言い訳さがしてるだけにすぎねー。ヤル気さえあれば、ツレは増やせるし若い子とのコンパだって組めるしね。いい年してなにやってんの?っつう世間体さえ気にしなければ、ギャルズトーク的シチュエーションは無理としても、30代らしい無軌道な遊び方はできるはず。

「遊びはもういーや」てのはようは自分への納得感なんだろうけど、俺はやり切った!力を出し切った!って思えないとやっぱり遊びからは卒業できないのかな。そういうものなのか?

男だったら150人とセックスしたら卒業です、って明確なゴールラインがあるわけじゃないっしょ?

「もう遊びは卒業したよ」っていう先輩達はどこらへんで、自分に折り合いつけたんでしょうか。


JUGEMテーマ:恋愛/結婚

【参考PV リップスライム『熱帯夜』】
低音坊主もフィンランド人も鼻の下のばしてんじゃねーか!↓
| before-その後 | 16:44 | comments(0) | - |
トリコ仕掛けと色欲配線について
このままだと、世間一般的な幸せはつかめねー。
色欲という魔物に撃ち殺されて、人生を終えてしまう。
覗き込んでしまった銃口から目を離せなくなった哀れな被害者のようにね。



さて、そして色欲と幸せな結婚生活、みたいなのは永久に交わらない平行線なのだろうか。一般的にみんな言うのが「遊び足りない人は結婚しないほうがいい」みたいな話ね。

もちろん、これは超理解できるし、家庭に、他人との色情を持ち込んだら揉めるに決まっておる。現象面としてね。

んで、俺が思うのは「遊び足りる」ってマジどういうことなの?ってこと。遊び足りた時点で、すっきりサッパリ俺を悩ます色欲からはおさらばできるの?ってことよ。

昔に『セックスに飽きてからはじめて見える地平について』ってエントリーを書いたことあったけど、あれから何年も経って、分かったのは、ヤリまくっても結局飽きることなんてねーんだよ、遊び“足りる”ことなんてねーんだよ、ってことだけだった。

それはね、単純に経験人数の話じゃなかったからだ。
「飽きる」とか「足りる」とかを決める性衝動、つまりリビドーの総量はね、女と何人やっても減るもんじゃないんだよ。

そしてこのリビドーは、俺の場合、単に本能的な射精欲求ってだけじゃない。セックスに対する飢えや渇望感、男として認められ受容されたいという欲求、刺激を求めるジャンキー的な傾向、倒錯フェチズムとかが、ないまぜになって人格の一部として形成されてるわけ。

ありていに言っちゃうと、セックス依存症なんだと思う。
女体に癒しを求めてるんだ、俺は。

肉体的な快楽はもちろんだけど、劣等感の穴埋めとして、男としての認め印として、変態性欲のはけ口として、恋愛駆け引きゲームの賞品として。

チョー可愛い子を落とした時、オッシャー!って思うだろ?「セックスうまいよね」って言われたらなんか誇らしいだろ?SMっぽいことしたら征服欲が満たされただろ?難しいゲームをクリアしたみたいな達成感が味わえただろ?

そういうことなの。

つまり、俺は本来『セックス』で果たす“べきでない”色んな部分を『セックス』に預けてきてしまったんだと思う。アイデンティティーをセックスと結びつけるべきではなかった。すくなくとも一定の距離を保っておくべきだったんだ。これは単にセックスしまくった、ということではなく、むしろ、調子良くセックスできなかった時期に、歪められた劣情が、よじれて変な形で結びついてしまった、ということに過ぎない。
色欲に溺れる、というのは、単純に肉体的な快楽の虜になる、ということではないんだよ。


だから、みんなが「遊び足りる」「遊び足りない」って言ってるのが俺にピンと響かないのはそういうことなんだ。足りた、足りないでオンオフできるようなシンプルな回路じゃなくなってるんだ。この複雑に絡まったコードを全部ほどいて、正しい電源タップに繋ぎなおす作業が必要なんだ。


JUGEMテーマ:恋愛/結婚
| before-その後 | 15:29 | comments(3) | - |
人生とスポイルされた性格について
 俺は刹那的な生き方してるつもりもないし、無軌道な人生のつもりもないんだけど、よく言われる台詞が「和史は人生においての長期的な視野がない」ってね。「物事を真剣に考えてないし、その場だけ乗り切れればそれでいい、って思ってる」そうです。

えーと、マジでその通り。

いまも考えてない。修羅場から目を逸らすために「8月に家を引っ越す」という選択肢を選んだだけでその先はノープラン。荷物はまとめてあるのであとは成り行きで、とすら思ってるからな。とりあえず放りなげておいて責任とか取る気ねーわけだ、俺は。

色々言われてさ、相手のことを真剣に考えてるつもりが、でも結局一周回って自分のことを考えてるだけだしよ。嗚呼、なんという自分勝手な男なんだ。

そう、こういうところは変えていきたいとは思ってるのよ。

でも、今までこうやって生きてこれちゃったんですね。村上春樹的に言えば、『取り返しの付かないくらいにスポイル』されちゃってるのかもしれん。


ま、開き直るつもりはないけど、でも、この性格というか生き方は今更変えられない、と思っちゃう自分もいるわけ。

変えられない性格は、ある意味長所として受け止めてほしいよな、とすら思う。

この場合は、考えの切り替えと判断が素早い、とか。誰か、前向きに捉えてくれないかなー。まあ、ぶっちゃけ状況判断の拠り所が「自分が有利か不利か」だけで設定されてるからな。



さあて、
あと3日くらいでなにかしらの結論をださねばならないんだけどね。

1)性格を変えることを誓い、謝りまくって復縁。
2)性格は変えられないことを真摯に伝え、謝りまくって離縁。

この2択。

彼女を浮気で傷つけたのは本当に悪いと思うし、反省もした。でもさ、このままいっても根っこが変わらないんじゃ、しょうがないよね。

反省反省、って言っても「今後はバレないように気をつけます」ってことじゃ、さすがに許してくんねーだろ、って話。

JUGEMテーマ:恋愛/結婚
| before-その後 | 21:03 | comments(5) | - |
孤独と袋小路への一方通行
 女に「和史は心が無い。感情が無い」と言われ続けてきて、俺もまあ流石にそんだけ言われると、そうなのかなと思うくらいなんだけど、別に人を傷つけておいてなにも感じない、というほど冷血非道ではないつもりだ。浮気がバレたら「本当に酷いことをしてしまった」と反省もするし、後悔もするし、懺悔だってする。

ただ、仮にだけど、この猛省の最中でもスゲー可愛い子から「カズくん、週末ヒマ?飲みにつれっててほしいな」とか言われたら行っちゃう気がするもん。そしてあわよくばセックスできそうな雰囲気が漂ったら口説いてしまうんだと思う。

俺が狂おしく悩んでいるのは、ハッキリいってそこなんだよ。結局目の前の肉欲、エロスに抗えない心の弱さなんだよ。罪悪感を簡単にパッと手放しちゃえるんだよ。そうすることで誰かが、傷つき泣く、ということにリアルに想像が及ばないんだ。

なんでなんだろう。

普通の男だとこういう時大抵は自制心が働くよね。エロスにブレーキをかけられる。エロに走って悲しむ人がいる、と思って肉欲をセーブする。またはリスクを冷静に天秤にかけて、ジャッジする人もいると思う。不倫がバレたら社会的にマズいから止めとこう、とかさ。俺の周りの妻帯者も、多かれ少なかれ不満を持ちながらも理性的に過ごしてる。30超えて性の衝動に正直に生きてるやつなんていないよ。

男の本能とか進化論とかそういう話を持ち出すつもりはないけど、基本男は、若い女のケツを追っかけるもんなのよ。程度問題はあれどね。興味ないふりしながらも、「AKB48がテレビに見るとつい見ちゃう」とか「週に1、2回は奥さんに隠れてDMMでダウンロードした動画でオナニーしてる」とかさ。そういうレベルも含めれば、男誰しもそういう傾向はあるし、経験もあると思う。もちろんこの範囲なら女にとって全然許容範囲だろうし、大抵のカップルはそこから逸脱はしていかないと思う。

でも多分俺は駄目なんだよな。その範囲内には留まってられないんだよ。もちろん決まったパートナーと心の通い合ったコミュニケーションに幸せを感じないわけではないけど、同時にそれ以外、つまり一定の約束されたモラル内に留まっていることにすごく閉塞感を感じちゃうんだ。それはキャバクラ風俗に行くな、とか、他の女とセックスしちゃ駄目とか、そういうこと。もっと自由なはずなのに、俺はなんで縛られてなくてはいけないのか?って疑問に思っちゃうんだ。

いや、現象面ではその理由はわかるけど、内なる性衝動の叫びとして、葛藤を引き起こすわけです。そして、それは一般的に鑑みてもスゲー自分勝手な意見、ということも分かってるし、孤独の身ならいいけど、相手がいる中でその人を傷つける生き方では、決して幸せにはなれないよね。

若いうちはそれでもいいのかもしれないけどね。30過ぎの適齢期においてさ、そういう肉欲を御し切れてない時点でマジで終わってるよね。女から見たら幸せになれないタイプ、と断罪されるだろうし、それこそ「そうやって一生女のケツを追って生きてればいいじゃない」って言われてしまう対象じゃん。もちろんそうやって生きていけるとは思えないし、俺自身それじゃ、いい人生だとも思えない。


チョイ不良オヤジ、とか言ってさ、若い子と遊ぶ一生現役オヤジ的人生っていうのは誰しも憧れるけど、そんなにうまくいかねーもん。あれは幻想。なんてったって、一日一日歳をとってるんだぞ。ハッキリ言ってアドバンテージは減る一方だよ。いくら金を持ってても、最終的には若さには勝てない。ふんだんに金があって、豪邸に住んで、日替わりで水着美女が乳首舐めてくれるような生活だったら、俺はその人生を選ぶけど、現実的にそういうわけにもいかないだろ。

日替わり美女の理想を捨てて、現実を見ないと。若くて可愛い子とはこれからも何人か付き合えるし、セックスもできると思うよ。でも、それはただの消費にすぎない。同じようなことを繰り返しながらゆるやかに追いつめられてる。

だって、もう、30歳超えてるんだぜ?
二児のパパで幸せな家族、っつうのが小さい頃の30歳のイメージだ。みんなそうだろ?あの頃思ってた感覚と相当の距離ズレてきてやがる。

もう俺自身のリビドーを飼いならさなくてはいけないギリギリのラインにきてる。分水嶺だ。中二的な言い方になって恐縮だけどよー。こいつが俺の生活を食い破る前になんとか御しきらないとマズイ。

じゃないと、これからの人生、孤独が追いかけてくる袋小路への一方通行だよ。

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

| before-その後 | 16:25 | comments(0) | - |
うおお
 あー、マジでマズい。
この言葉以上にピンチな状況。

現女に浮気&今までの悪事が全バレ。
山に登ってる間に携帯とパソコン全部見られた。

過去最大の修羅場、というか、
過去最大に人を傷つけてしまった。

俺はこれまでの人生で
人の感情をリアルに捉える練習をしてこなかったんだな。
何回かそのチャンスがあったのに。

今更言っても遅い。
しかし、クソ、こんな段になっても
まだ保身を考える俺はいったい何者なんだ。

ブログとか更新してる場合じゃないけど、
なにかに書かないとやり切れないんだよ。

どうなんだろう。
こっから先は。
俺は人並みになれるのだろうか。
なりたい気持ちからはじめなくてはいけない。

JUGEMテーマ:恋愛/結婚
| before-その後 | 22:09 | comments(3) | - |
| 1/2PAGES | >>