CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiFi Body Scale WBS01
WiFi Body Scale WBS01 (JUGEMレビュー »)

乗るだけ無線体重計。i-phoneアプリに自動送信。クソ便利。
MOBILE
qrcode
スノ充への道7
 今シーズンはこれまでで11回。半分くらいは泊まりで行ったからまあ結構滑ってはおるよね。

しっかし上達のほうは頭打ちだよね。360のコツはちょっと追加で掴んだけど。

いずれにしても変なブレーキ滑りの癖が付いちゃってアカンわ。やっぱカービングぽく滑れないとね。『板に載ってるだけ、から滑りへ。』う〜ん、もっと精進が必要なのかね。

でもたしかにエッジで滑るとスピードあがるわ。速い奴らはこの滑りだったのか。。。3年くらいやってて初めて気づいたよ。もっと先に言ってくれよ。。。


あとはGWに向けてちょこちょこ春スキーやって終わらせるかね。
キッカーとボックスは克己心が試されてなかなか面白い。
下を向いた瞬間失敗するからな、リップの先を見据えて、フォームを固めて飛ぶべし!
| before-ウインタースポーツ | 21:28 | comments(0) | - |
ボード新調
 
バートンボード新調したぜ。2015年モデル、カスタムフライングV。

前回ロッカーボード買ったのが2012年2月後半。
シーズン的には2年とちょいって感じか。
先代もまだまだ使えるけど、こないだちょっと滑ってみてやっぱりオーリー用に反発力が欲しくなってしまった。バイーンって跳ねたいんだよね。

CUSTOM TWIN FLYING V 定価75,000円
CARTEK Re:Flex 定価36,000円

セットで90,000円。高いっちゃあ高い。けど、こんなもん、という気もする。

適当にお茶の水で車停めて、一番最初に見たスポーツパラダイスで即買ってしまった。まあ、バートンのカタログ見て、フライングV買おうと思ってたし、悩んでもしゃーないからな。ビンディングは実際、乗り心地に差がでるかは俺のスノボーの腕もそこまでのレベルじゃないから分からないと思うが。店員がアツく勧めてくるんでちょっとお高めのものをチョイスしてみた。

これでちょっとは上達すりゃいいんだけどなあ。
| before-ウインタースポーツ | 15:12 | comments(0) | - |
スノ充への道6

 初めて電車でガーラ行ってきた。写真はJRskiskiのナビゲーターな。かわええ。

タイムパフォーマンスはすごいの一言。この直結感。東京駅から1時間ちょいでゲレンデにワープできんならこれ一択でもいいんじゃねえのか、とすら思った。車で行くと5時間近くかかるというのに。東京駅までの道程入れても半分くらいの時間で着くからね。渋滞もしないし、送迎の悩みもなく、酒も思うさま飲めて、寝て行って寝て帰れるという。

気になるコストパフォーマンス。

¥12,800 往復パックリフト券付 
¥1,000 朝駅弁+お茶 
¥1,000 ロッカー代
¥230  レッドブル
¥700  缶ビール2本
¥1,500 昼食
¥150  飲み物
¥350  ソフトクリーム
¥1,300 ガーラの湯
¥1,480 佐川急便スノボー送り
¥300  帰りのビール

計20,810

あっ、、、でもけっこう高いや。これ女に奢るとかいったら結構な出費ですわ。
ちなみにリフト券びゅうパックにしないと乗車券と特急券往復だけで12,000円くらい取られるから予約は必須。ロッカーは面積デカいからシェアすればいいと思う。帰りの宅急便は帰り身軽になるためにオススメしとく。

【TIPS】
平日行くと往復リフ券付で8000円と安い。
指定席を一応とっておいて、自由席を利用したほうがよさそう。
朝イチは空いてるしね。下手に指定で座るより自由席のほうが取り回しがきく。
JR系列なのでSUICAが活躍する。チャージして携行するとなにかと便利。

温泉とジャグジー併設。なんで一応、替えの下着類はもってこう。
朝イチ滑ってプール入って帰るのも良し。水着もっていってもいい。

行きも帰りもボード送っちゃっていいと思う。滑走日の3日前に送っておけばよい。
身軽な分だけipadとか持っていって撮影した滑りを鑑賞すると楽しい。
帰りの電車も盛り上がる。

これからの春スキーはグローブが浸水しがちなので替えも。
あとはサングラスとロングパーカー、日焼け止めもってけばスタイルは完成じゃけん。

帰りは上野とかで降りてホルモン食べて帰ればいいと思うんだ。


| before-ウインタースポーツ | 12:01 | comments(0) | - |
スノ充への道5
 正月休みは主に雪にまみれておったよ。
蓼科、苗場、白馬とそれぞれ泊まりがけ。

大分、装備も最適化されてきたんでパッキングも素早い。モンベルのタフトートLさえあればブーツ、ウェア、ギア関係はピッタリはいる。

・ウェア上下
・ウールアンダーウェア3種(薄、中厚、エクスペディション)
・薄いフリース(マイクロマティークジャケット)
・バラクラバ(寒い時)
・ネックウォーマー(暑い時)
・ウールキャップ
・靴下(中厚、予備)
・ゴーグル
・グローブ(カラビナ付)
・リップクリーム、日焼け止め
・小銭入れ
・ミニタオル
・着替え袋(ヒートテック系)
・洗面袋
・車内用巾着袋
・ゲレンデクーポン本
・ワックス

登山時も兼用できるアイテムが多いから便利。

女の子といく場合は大抵なんか小物を忘れてるんで、ゴーグル、ネックウォーマー、パスケースは予備も持ってくといいと思う。

あと女の子はビンディング着けたりするのがビックリするほど遅いんで、ビデオカメラとか持ってると割と暇つぶしになるのでオススメ。


遠出する時はやっぱ2泊は欲しいとこ。ピックアップとか含めると白馬とか行くまでに6時間くらいかかるから、深夜出発仮眠でもキツいで。なんで前泊はマストで、できれば20時くらいには着いておきたいね。近場でも1泊いれるとナイターできたりして充実度がダンチなので、泊まれて滑れて可愛い女性メンツをどう囲っておけるかが、スノ充への最大のキーになることだろうて。

| before-ウインタースポーツ | 11:23 | comments(0) | - |
スノ充の道4
 そろそろゲレンデ的にも春だけど、スノボー今週も行ってきたからTIPS追加。5月まではいけるからな、うん。

今回はキャバクラ嬢3人と、男は俺とツレの5人で一泊二日つう布陣。んで帰ってから打ち上げで焼き肉食って、俺んちでもう一泊した。なんというリア充仕様。30代スノボー旅行のある意味完成系じゃねえの。

パークやハーフパイプなんかでガリガリに滑りまくりたい、つうわけでもない俺たちホビーボーダーは、どっちかっつうとアフタースキーが充実してたほうが嬉しいわけで。そういう意味じゃ、ゲレンデでもハタチのカワイコちゃんに適当にターンのコツとかのんびり教えて、1時間毎にレストハウスでビール飲んでたほうが楽しい。

いずれにせよ、ハードコアに修行滑りするならナオンは不要なわけだし、女の子と滑りたいっつうなら滑りを諦めるしかない。個人的には旅の完成度をあげるなら、おにゃのこいたほうがいいと思うけど。野郎だけなら滑り→メシ→麻雀+酒、みたいなのも楽しいと思うけどさ。


つうことでマジで楽しかったよーだ!!!

たいてい夏フェスとかキャンプとかでカワイコちゃん連れのパーティーを見ると、「こいつら、、、楽しそうにしやがって、、、」って歯がみしてたわけだけどさ、今回はこう溜飲が下がったっつうかよー。今シーズン、スノボー力鍛えておいて本当によかった!人生ゲームとかもあれだよ、可愛い女の子とやると本気で楽しい。寝る時におっぱいも触らしてもらったし。今回の旅行はいいことしかなかったナーっつうことでたまにゃこういうこともあるのだ。


追加TIPS

【手荷物装備】
 
防水ビデオカメラにネックストラップは便利。ゲレンデ行くまでも撮影チャンス。小銭入れと一緒に行きがけから首にぶらさげておくと手があいていい。あと手元の小物をひとまとめにいれておく袋が地味に便利。ケータイ、アイフォン、アイポッド、財布、鍵とか。

【ゲレンデアクセサリー】
偏光グラスにネックストラップ。カラビナは手袋をズボンにつけるのに便利。小銭入れと曇り止めとリップは落ちやすいので、キーフックで固定。
 
 

【リクレエーション】
 
酒はイエーガーとキリンスタウト。あとは適当に買える。
泊まりでいくならゲームは必須。トランプかUNO。あとはちょっと気をてらってニムトとワードバスケットを用意した。

JUGEMテーマ:スキー&スノボー
| before-ウインタースポーツ | 18:19 | comments(0) | - |
ロッカーボード購入

 買ったよ、スノーボードとビンディング!

バートンのVロッカーBLUNT、って安いやつだけど。
でもセットで49000円。

うむ。

こんなに行くならシーズン初めに買えばよかった。


忙しくて買ってる時間ねー、とか思ってたけど
ボードなんて休み時間の1時間で買えるは。

もちろん、いろいろ見るのも楽しいんだけど、
迷うから半日とか時間がかかるんだよねー。

1:お店に行く(15min.)
2:店員に話を聞いて買う(10min.)
3:セッティングを待つ(20min.)
4:タクシーで持って買える(15min.)

これで1時間。
早く買うコツは最初に入った店で買うこと。

店をまたいで比較とか検討とかしない。
欲しいもんと予算のバランスが微妙なら予算の方をあげる。
買ったあとは絶対に他の店を見ない。

既にいまamazonで見たら安かったけど、
気にしてもしょーがねーwww


しっかし、おじさんロッカーボードとか存在知らんかったよ、マジで。

この板で劇的にうまくなれる予感しかしねー。
JUGEMテーマ:スキー&スノボー
| before-ウインタースポーツ | 20:40 | comments(1) | - |
スノ充への道3
 先週もいってきたぜー。なんというスノボー充実厨。

今回はシーズン初めに行った女が行きてーっつんで、そのツレを含めてアテンド。男1女3構成。必然的に俺が運転手一択。前回、宿泊費とか立て替えてたから、金を返してもらいたかったんだけど、「5回分割でいいかな」とか言いやがった。3万4000円だぞ。お前、返す気ねーだろ。つうんでアホらしくなったは。もういいや、捨てた金として割り切ろう。

んで追加TIPS.

【仮眠室】

前日発で仮眠の場合は、正直0時前くらいに現地に着いてねーとツライは。仮眠室の朝は早い。大抵7時くらいに叩きおこされるからな。寝起きの激低テンションで全員、不機嫌みてーなスタートを避けるためには早めINが鉄則。23時過ぎに練馬IC乗ると、途中の休憩を含めて関越のトンネル越えて土樽あたりで2時とか。そっからゲレンデ着いて3時。缶ビール飲んで風呂入って4時。となると朝7時に起床、ってなると睡眠3時間だからな。そっから滑って、帰りも運転とかキツいは。

【高速道路】

関越の休憩は腹減ってると三芳に突っ込みがちだけど、下りの三芳はショボいので高坂まで粘るべし。腹へってないなら上里まで頑張る。

ちなみに湯沢ICまで、三芳PA→高坂SA→嵐山PA→寄居PA→上里SA→駒寄PA→赤城PA→赤城高原SA→下牧PA→谷川岳PA→土樽PAの順番になってる。
最後谷川岳からトンネルくぐると雪景色なので注意。帰りは赤城高原がいい感じ。三芳もリニューアルでキレイになってる。寄居は星の王子様とコラボPAなので寄ってもなんか面白い。

【持ち物】

クーラーボックスはやはり使える。あとはお菓子、つまみボックスなども用意しておくといい。車内は暗いとなにがなんだか。あとガンガン余っていくから、キープするためにも箱は必要。

泊まりでいくならイエーガーマイスターとショットグラス人数分持っていきたい。雪でキンキンに冷たくしたイエーガーはうまい。ジンジャエールとかレッドブルで割ってもいいし。

【メンツ】

これは、最重要なんだけど、女を連れて行くならどっちか。
すなわち、可愛いか、滑れるか。
どっちかじゃないと正直キツい。

可愛い子は滑れなくても、教えてるだけでも楽しいからな。狙ってる女がいるなら、密着度上がるしポイントアップチャンスなので活用してもいいんじゃない。でも可愛くないとアレだよ、全然教える気とか無くすからな。「じゃ、適当にこのゲレンデ往復しておいてよ、2時間後待ち合わせね」とか言えればいいんだけど、そうも行かないのが辛いところ。可愛くて滑れれば申し分ないんだけど、そうもいかないもんじゃないの。

あと家が遠いと送り迎えが、結構、というか相当ダルいので要注意。

【金】

高速行2000円
駐車料金1000円
高速帰3000円
ガソリン6000円

で大体1台12000円かかる。2人なら6000円。3人なら4000円。4人なら3000円だ。これを目安に、リフ券と仮眠、メシ付けて8000円くらい。

交通費は臨機応変に請求すればよろし。
清算ポイントは関越を練馬で降りて最初のガスト。
しかしガストはどの高速の降り口にも近く配置されてるよな。


来週も行くぜ。
スノ充への道は深い。

JUGEMテーマ:スキー&スノボー
| before-ウインタースポーツ | 13:33 | comments(0) | - |
スノ充への道2
 先週もスノボー行ってたぜ。
滑り技術というよりは、段取り進行の経験値が高くなってるかんじ。

車でスノボー日帰り行くってなると、選択肢は2つしかないのよ。
すなわち、

早朝(4時〜5時)に出発するか、
前日(20時〜24時)に出発して仮眠するか。

この2択。ちなみに6時とか7時に出発して渋滞に巻き込まれると、ゲレンデ到着が13時過ぎとかになって、滑るより運転時間の方が倍以上という本末転倒な事態になるので注意。

で、土曜行くってなると、なんだかんだメンツの誰かが「金曜は飲み会あってさ」みたいな感じで早朝出発になりがちなんだけど、正直これは避けたほうが無難。なんつったって、運転手がキチー。早く寝ればいいじゃん、ってもオメー、22時にベッドに入って速攻寝れるわけないじゃん、んでまんじりともせず焦りだけが募り、2時くらいにようやく寝れたかな、っつうくらいで目覚ましアラーム。寝起きの顔をこすりながら真っ暗闇の中、車を運転。ゲレンデにつくころには睡眠不足。みたいな感じになるので。

んで、オススメはやっぱ仮眠室じゃね?スパ施設、朝飯、リフト代ついて6500円とかなら全然ペイできるだろ。早めに入場できる仮眠室で早朝営業ゲレンデなら、朝イチ滑って、午後撤収してリフト券を売る、っていうスタイルすら可能になるし。

ベストは前日発→ちょい飲み、仮眠→滑走→夕方上がり→温泉宿泊&ゲーム等で遊ぶ→午前滑って→メシ食って撤収→東京で打ち上げ、ってのが最強に強まったスノーボード充実厨のウインタースタイル。

あとボード以外にもなんか雪遊びできるやつあると楽しいかも。そりとか、スノースクートとかね。

JUGEMテーマ:スキー&スノボー
| before-ウインタースポーツ | 16:28 | comments(0) | - |
スノボ持ち物TIPSメモ
 今週もスノボーいってくるぜー。

しかしユニクロの暖パンはイイよ。
ウォームイージーパンツ1990円とか安い。
雪山の車の行き帰りにはドンピシャの装い。
靴はメレルのシバーモックがオススメ。
脱ぐの楽だし、やたら中があったかい。
濡れてもいいし、ビブラムソールだから滑らない。
これにヒートテックと厚手のフリースで往復の車中は過ごす。

滑る時はスノボウェアとタイツの他に
メリノウールのEXPと中厚手のインナーをひとつづつ。
ノースフェイスのマイクロマティークジャケットを用意した。
薄いフリースはなにげに便利。
んで、スマートウールのスノボー用靴下を2枚。
あとはニット帽とネックウォーマー。
ほんとはバラクラバがよかったんだけど
こないだ紛失したっぽい、どこ探してもないし。

バッグはやっぱりタフトートLLが使い勝手がいいよん。

もうちっと、セレクトしていきたいけど
毎回用意する時間が少ないんだよなあ。

JUGEMテーマ:スキー&スノボー


| before-ウインタースポーツ | 01:26 | comments(0) | - |
激務の反動ストレス
 、で買ったのが下記のスノボーウェアになります。

上下で81900円。
ガチ定価。無駄にプロモデル。
改めてくっそ高いな、、、。
が、後悔はしていない。





th_ih172ot00_ka.jpg
th_ih172ob01_beol.jpg

画像で見るとなんかダセー。でも着るとなかなかいいんだぜ。

JUGEMテーマ:スキー&スノボー
| before-ウインタースポーツ | 01:09 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>