CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiFi Body Scale WBS01
WiFi Body Scale WBS01 (JUGEMレビュー »)

乗るだけ無線体重計。i-phoneアプリに自動送信。クソ便利。
MOBILE
qrcode
読モブログと背後のシステム


読者モデルたちのブログ『Fairy Blog』

みんな彼氏のこととかブログに書いてて微笑ましい。
アイドル系のブログとかじゃ書けないもんな。

ここ最近、ミスキャンとか読者モデルとか、市井のカワイイ子を使ったコンテンツというかソリューションというかビジネスがどんどん増えてきてるよな。キャバクラ発祥のアゲ嬢の台頭とかはその先鞭をつけたに過ぎん。ミスキャンタイアップ商品は言うに及ばず、読者モデルが働くカフェとかも原宿にあったしな。

前までは、ミスキャンパスとかは芸能界の登竜門とか言いながら、メディアの露出媒体自体の少なさから人気は一過性のものに過ぎず、リソースが使い捨てになってたわけなんだけどさ。

最近はブログやイーコマースとかいわゆるマス以外のネット発媒体の発展により、露出の機会は格段に増えてきてる。ブログという傍流から、メインストリームであるマス媒体に、口コミという形でトレンドを輸入できるきっかけをつくったのはアメブロでありサイバーエージェントであることは周知の事実。マスが流行を『発信』する時代は終わった、と言いながらCGMとかの新しいビジネススキームを組み立てちゃうところが金儲け大好きな大人の発想だよな。ところでアジャイルとか儲かってんのかね。これはブログマーケティングの最たるもんだよ。

閑話休題。

まあ、なにが言いたいかっつうと、若くてカワイイ子つうのは、もうこれは確実にどっかのモデル事務所に在籍してて『オフィシャルブログ』持ってるって考えても過言ではないってこと。総芸能人予備軍と言ってもいいんじゃないかな。

そして、げに恐るべしは東京という巨大マーケットであり、それはあらゆるものを飲み込んで金儲けの手段に変換していくモンスター。無意識化にも触手は伸びる。その対象は市井の可愛い子にも及ぶつう話だ。

今ちょっと増えてきてるシングルズバーとかあるじゃん。あとはキャンパスカフェとかいうの。あんなのただのキャバクラだかんね。んでも募集概要とか見ると、すげー健全に書いてある。あくまで、BARでありカフェ、という体面なのよ。まー、良く見ればさすがに勤務内容とかは想像できるだろうけど、できるだけ敷居を下げるような書き方をしてる。ま、ライトに書くのは風俗求人じゃ常識なんだろうけど、ユーザー向けにもライトな表現にしてる。ものは言いようとは良く言ったもんで、本質はまるっきり一緒なんだけどさ。

これは、慣れた手つきのプロより、素人っぽいリアルさ、みたいな方がより金を吸い上げやすい、ということで、手口が洗練されてきた、というだけのことかもしれないけど。ま、多かれ少なかれ、俺ら『生活者』が使う一定のカネはその手の集金システムの中に落ちる、という仕組みなわけだよね。

ある種のものは、あまりにも巨大で巧妙な上に、エンターテイメントの皮すら被ってるから分かりづらいんだけど。それは広告であったり、それを流してるテレビだったり、最近じゃ、素人っぽいブログを装った商業ブログだったりね。書いてる本人すらその中にいるということを知らされていない、という。

そのシステムは本質が表にでないようなプログラムで運用されてる。おおっぴらに金儲けすると、ホリエモンみたいに守銭奴だっつうことでムチャクチャ叩かれるからね。金儲けの話はそっと気づかれないようにする、というのがスマートなやり方とされてる。内緒で、そっと、社会からカネを抜き取るようなスキームを完成させて走らせてるやつが今いちばんカネ持ちじゃねーの?「今の消費者は賢いから真摯な広告を」なんて殊勝なことを言いながら、一方の手じゃ、気づかれないように毒の量を増やして麻痺させるのが仕事なんだからな。

読者モデルブログから大分話が逸れちゃったな。
まあ、そういうことで。
| before-社会 | 17:48 | comments(1) | - |
ギャップがあるから悩むんだ
人は悩む存在。全く悩み無い奴なんてキチガイだけだろ。あとはその悩みを人に言うか言わないかだけじゃん。

もちろん悩みにも種類があって、リストラや借金地獄、不治の病、恋人が危篤とかクソ重たい悩みから、「明日のマラソン大会うぜえな」とか「欲しいゲームが買えない」とか俺みてーに「クリスマスに女がいねーよ」っつう悩みまで、まあそれぞれじゃん。千差万別。



でも俺やみんなの悩みは大体、3つに分類されると最近、つうか昨日思ったこと。その3つってのは、


金か将来か、女か。

この3つだ。

「金」っつうのはみんな良く知ってる、金の問題だ。多く持ってて困るもんじゃないし、多ければ多い程いい、とも言える。でも少なかったり無かったりすると単純に困る。飯食えないとか服が買えないとか貧乏の悩みやあとは借金とかいろいろある。

「将来」っつうのは、これから先のことについてだ。進学、就職、夢、好きなことをいつまでできるのだろうか、とかいうことから、病気がちでこれから健康が心配だ、とか老化とかそういう現在と未来についての悩み。

「女」っつうのは、まあ恋愛の悩み。彼女ができねえ、彼氏ができねえ。性欲が溜まる。孤独感で夜も眠れねえとか、ま、そこらへんの悩み。

基本はこの3つでしょ?他にあるかな。


ちょっと図を書いてみた。

悩みグラフ


棒のグラフが、実際の評価。世間から見た評価。例えばコジキとかルンペンとかは「金」の棒グラフは、限りなく0に近いし、ホリエモンのグラフは青天井。「将来」グラフにしたら、30歳ニートのグラフは地べたすれすれ、22歳東大卒電通入社のグラフは天空を翔る。女軸で言えば、42歳童貞オタクのグラフは1ミリにも満たない長さ、ジャニーズ亀梨くん赤西くんにしたら、先が霞んで見えないくらい長い。

そして上の線が自分での理想。棒グラフと線が近ければ近いほど、幸福だ。だから自分でこうあるべき、と思うラインが高ければ高いほど、現実とのミスマッチが生まれる。もちろんこの2つには相互関係があって、ホームレスの金への理想ラインは低くなるし、ニートの将来への理想ラインってのも低くなってくるのは当然。


悩みはそのギャップによって生まれる。


分かる?本来はキャンキャンモデルと二股交際くらいしたいんだけど、現実は一人身でオナニー。やれやれ。俺はこのギャップに喘いでいるの。困窮しているの。

俺も地元の飲み屋とかで、そういう愚痴をこぼしてると、絶対「お前の悩みなんて大したことねーし、ウダウダ言っててダセえな。俺なんてなー」みたいな目つきや言動をされるんだけど、そんなことはねー。悩みっていうのは、人から見れば、その深さは分からないよ。だって自分の理想と現実の溝の深さなんだから。

100万の借金で悩む奴もいるし、金持ちから見たらそんなん端金に違いない。
でも、人はそれぞれの理由や理想で悩むんだよ。分かってくれとは言わないがそんなに俺がダサいのか。。。。う〜ん、多分ダセえんだろうな。

こんなグラフをシコシコつくるヒマがあるなら、他にやるべきことあるはずだもんな。
| before-社会 | 16:22 | comments(1) | trackbacks(0) |
選挙童貞と選挙処女
二十歳過ぎても全然選挙とか行った時ねえ、つかサーフィンで時間なくね?みたいな選挙童貞くんが今回はみんな選挙に行きおった!う〜ん、さんざテレビで宣伝してんもんね。なんで、ちょっと俺のまわりのア−パー女とかにも「おつかれさま〜☆今日は選挙だよ〜。投票行ったあ??」なんてメールを送ったところ。結構みんな行ったみたい。5人中4人行ってた、普通にイベントノリだわな。すごいなあ、広告効果、ワイドショー効果。んでもさ、今回は人気投票だよなあ、ハッキリ言ってよ。アーパーの投票理由とかも「小泉さん、さっき見たし☆」とか「顔知ってる人にいれたにょ〜◎」とかよマジどういう理由だよ!「郵政民営化でしょ?よく知らないけどサンセーイ◎」って、自民党というよりね郵政民営化、つうコトバだけで投票してる奴とかな。おめーらよ、ホントマニフェストとか知ってんのかよ?ちょっとうるさい俺に言わせりゃあね、小倉優子に上目使いでチンポくわえさせて「マニフェスト」とか言わせると、どうしようもなくすげえヤラしくね?マニフェストのフェはフェラチオのフェ!とかホント俺は性欲の固まりすわ。

んでもね、政治の話するわけじゃないけどさ、こん先はまあ当たり前のように大増税がはじまるっていうよね。俺は共産党じゃねーけど、ほいだら、まあ結果的にまた例の勝ち組、負け組の2極化のスピードが早まるよな。搾取の構図よ。所得課税の基本は下を叩くつうんだから、負け組は増えて、勝ち組はその地位を磐石にする、ってまあ極端にいやあそうだよ。雇用主と労働者、ジェントリと一般市民、王と乞食。格差は広がる一方じゃね?タクシー乗って景気がどうちゃら。とか言うけどよ、そのうち一介のサラリーマンにゃあ全然実感できなくなったりするのかもよ。労働者でいる以上はさ。

今SPA!とかじゃ、やれ、年収300万円時代に突入!とか隣のあの企業の時給はいったい?とかボーナス査定背比べとかよ、なんか世知辛い特集ばっかり。あと流行りのデイトレード特集とな。3億儲けた大学生の本を出版、とかね。金儲けのアイデアとかこんな時代のサバイバルとかよ。つまりさ、前も言ったけど、俺が思うに、みんな今の社会構造に閉塞感を感じてるんだよ。漠然とした不安つうか、なんとなく先行き不透明とかさ、夢のない将来とかよ、開く一方の格差とか。淀んでんじゃん?現状って。だから一発当てるデイトレとかも流行ってるし、逆に、もういーや、俺は安月給年収400万でも趣味に生きるよ◎とかそういう感じになってる。

んでもって一度動き出してるこの社会構造っていうのは、規模がでっかすぎてさ、近い将来じゃあ、ほとんど変わることはないしよ。すっげ複雑な構造がまた別の複雑な構造と繋がってる。一目じゃどうなってるかなんて把握できないよ。理解不能。思考停止状態。これが、まあつまりアーキテクトの支配ってやつだわな。構造支配の構図。カイジの兵頭会長みてえな黒幕がよ料亭で「米を売りなさい」「税をあげなさい」とか命令して動かしてるわけじゃねえんだ。勝手に社会は動いて、なおかつスピードがあがってる。よくさ社会の歯車っていうけど、まあ当たり前にそうだわなあ。その構造ん中で生きてるわけだし。

でもそういう社会、そん中でもガンバル奴は、おりゃー上にいったる!とかで奮起。資格試験にスキル、そういうのに打ち込む。デイトレしていっぱい金を儲ける奴もいる。振り込め詐欺やる奴もいる。んでやつらが欲しいのはこーいう社会に風穴を開ける技術つか、もう金だよね。もはや否定はできないもん。

俺の夢でもある、ジャグジー+水着美女っつうハーレム計画だって、うなるほど金がありゃあできるし、金がねえとできない。真理ゆえに悩むぜ。まったく。しかしどっかで欲望の妥協点を見つけないとジレンマとギャップだけで死ねる。大切なのは社会との折り合いと諦観か?それも空しいけどね。ずっと頑張り続けるわけにもいかないし、段々年もとる。頑張り方の方向もちょくちょく軌道修正が必要なのかね。えっと、とりあえずジャグジー+水着美女数人つうのは夢として、今俺にはセックスが必要だな。切実に。また2週間ヤッてねえと童貞に戻っちゃうし。。。う〜んと、それには金か?違うよなあ。

また支離滅裂になったな。
| before-社会 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
情報メディアによるギャップの拡大と閉塞感
俺等は小さい頃からさ、テレビつければ、やれ芸能人が誰とヤったとか、こんな贅沢な暮らしに豪邸とか、株で何億もうけてウハウハ、ジャグジーにゃ水着ギャルをはべらし、葉巻きを一服とかさ、嘘かなんだかそういうステレオタイプの情報に肩、いや頭の上までに漬かりきってて、それはすごく不幸なことなんだよな。そういうのをさ見続けるからさ、他人っていうか、メディアで流された他人といろいろ比べて情けなくなったり悔しくなったりするんだと思うんだ。この俺の現状と、いわゆる社会の上の奴ら、つまり面白おかしく過ごしてるミュージシャンとか、めちゃめちゃ金を儲けてる社長とかの間にはすげえ隔たりがあるじゃん。こういうこというと「お前はマジで卑屈で終わってる人間」努力してねえ結果がそれじゃねえか、そういうことを言うヒマがあればもっと上にいく努力をしろよって言われることもあるけど、それはそれとして、まあ大抵の人間は多かれ少なかれそういう悶々鬱々とした気分を抱えて生きてると思うよ。同い年の奴でも、ヒルズB棟住む奴もいるし、練馬のボロアパートに住む奴もいる。

日々のさ、小さなことを幸せ♪ああ今日もビールおいし◎っていう奴らもいっけどさ、おまえ、だからジャグジーでキャンギャルとシャンパン風呂の方が絶対に絶対に楽しいじゃん?そこは否定させねえよ。100人いたら100人ともシャンパン風呂一択っしょ?でもそんな札束風呂に入れる奴らってこの世の中でマジ一握りもいいとこでさ、大体自分を誤魔化して小さな幸せを自分の幸せ、ということにしてる。俺はビールで幸せ◎ってことにしてる。それは欺瞞でしょ?でもそういう卑屈な気分になるのって今こうテレビをつけるとやってる情報のせいもあると思う。ビール幸せ◎って悪くないんだけど、比べる対象があると、手元にあるビールもチンケなションベン水に見えるってこと。

昔の農村、はあテレビもねえ、ラジオもねえ、クルマもあんまり走ってねえ、ってさ早朝お日さまと一緒に起きて野良仕事、お昼食べて夕方には家帰ってメシ食って寝る、つうことをホントずうっと前から疑問も持たず来たわけだよね。365日毎日さ。生活はそりゃキツイさ、年貢の取り立てもキビシイし、でも彼等にとっちゃあそれがまあ日常じゃない?でも最近は違うよな。テレビつけりゃ、雑誌開けば、いろんな情報があるし、それは取捨選択とかそういうレベルじゃなくって俺らが生まれてからまわりに空気の様に漂うものなわけよ。いい情報悪い情報っていうんじゃなくて情報っていう中で俺らは生きてる。農村のみんなもさ、昔っからテレビみてえなのがあって。ああ、俺等の生活ってえ?実は結構不便で劣悪?もっとラクして楽しい生活があるんだ!と知っちゃったら働かねえもん。だろ?江戸じゃ、みんな遊び狂って楽しそう。俺等の働いた米を食いながら?博打とか芸者とかで遊んでますよーってみんな知ったらやる気なくなんもん。普通。つまりそういう洪水みたいな情報に浸かってたらね、ドロ仕事なんかしたくねえだろ?いい女に車、うまい食事。湾岸を飛ばして夜景に乾杯。な?そっちに憧れるよね?

つまりメディアによるギャップの拡大だ。でも情報だけじゃさ、腹は膨れないし、女もできない、車にだって乗れないよ。絵に描いた餅は食えねえ。とりあえずは歯噛みな。そうすっとさ、だんだん「上には上いるしよ〜。頑張っても意味なくね?上にはいけなくね?」って気持ちになんじゃん。どんどん過激になる欲望には通常の生活じゃあついていけない。憧れ、羨望の対象になってくる。ええっとつまりさ、昔の夢とか、プロ野球選手、サッカー選手、宇宙飛行士とかよ。まあ夢ですわな。なれるか今さら?そういうやつらはもち超絶頑張って努力しまくって、余計な情報には耳を傾けず、挫折もして、そっからやって来た才能ある奴だけなのさ。じゃあ、って。俺らも頑張りゃいいんだけど、それにはもうすごくすっごくパワーもいるし、リスクも多い。現状維持はぬるま湯の世界だけど、そっから飛び出るのは大変だよ。だから諦めちゃう。もう諦めるしかねえじゃんよ。やっぱ日々のビールが幸せ◎って思わないと辛い。合理化してかないとこのギャップに押し潰されちゃう。だってすっげえ頑張ってる奴以上に俺頑張れねえもん。ってさ。現代社会の閉塞感ってつまりそういうことだわ。はやりのニートだってそうだよ。批判すんのは超!簡単だけどよ。でもそいつらだって、情報過多で頑張ることがウンザリになっちゃったんだよ。メディアの被害者だと思うよ。

そういう今のご時世で、頑張らない奴が負け組で、頑張って努力、這い上がってきた奴らが勝ち組って一刀両断するのは分かりやすい。昔はそういうの無かったけど、この社会のスピードはマジで早くなってる。両極化が進みまくってる。そん中でも努力する奴ももうずうっっっっと努力し続けなくちゃ。気を抜いたらすぐ落ちるよ。だって上のレベルは右肩あがりだからさ。そうだよ、現状維持っつっても、上が右肩あがりなんだから、真直ぐをキープするってことは右肩下がりになるってことだ。分かる?上のレベルがあがってるのに、自分だけ同じレベルキープだったら、それは相対的に下がってるってことだから。ま、つまりこういうモーレツ競争にのるか、あとは降りて、自分なりの幸せを見つけてガーデニングとかさ、野菜が今日もおいしい、とかさそういうことに充実感を求めるか。もうどっちかしかない。でもそういう貧富系の格差ってのはどんどんどんどん増大しててさ、なまじ気付くと上はもう雲かかっちゃって見えないよ。金持ちはジャグジー、貧乏人はユニットバス。いいならいいの。ユニットバスで缶ビールでも。でも人間だもん。根本的にはさ、上に行きたいよな。でもそのギャップ、行動できない卑屈さ、ルサンチマン、そういう諸々に対するジレンマ。

前も書いたけど、状況をかえるか、自分をかえるか。どっちが幸せなんだろうね。回転グルマがカラカラ死ぬまで走り続けるような競争か、羨ましいと思いながらも諦めて自分を騙し続ける生活か。これはホントにキツくてある意味究極の選択。正直、今が楽しけりゃ良くね?っていうことは否定できない。だって、そっちの方が断然ラクだもん。未来を考えて折り合いをつけて生きていくよりも、刹那的に快楽を追求してたほうが悩みが少ない。もっとも、未来を考えて不断の努力ができる奴はそういう悩みなんてないだろうけどね。さあ、どっちだ?

予定の無い土曜日の夜に、書く内容としてはピッタリだろ。
| before-社会 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |