CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< August 2014 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiFi Body Scale WBS01
WiFi Body Scale WBS01 (JUGEMレビュー »)

乗るだけ無線体重計。i-phoneアプリに自動送信。クソ便利。
MOBILE
qrcode
AsONE RAP TAG MATCH
 

たまには生でラップを聞きたいんで見つけてきた。
RAP TAG MATCHだってよ。
来週土曜日。渋谷だしこれは行ってみるかな。
日本のラップシーンのライムスキルの向上を見たい!

太華シャーリー、MSC、PUNPEE、アイスバーン、ダース・サ上、ドタマとかでる。
| before-イベント | 13:52 | comments(0) | - |
岩木山いってきました【100名山】
 東北遠征ツアーで八甲田山、岩木山をゲットだぜ!という計画で東京駅を8時20分出発!11時15分に新青森に到着。車じゃさすがに遠すぎるもんな!って新幹線降りた結果www

th_IMG_2699.jpg
おなじみの雨な。
th_IMG_2700.jpg
毎度のことですが、遠くまで来てこれかー。

八甲田山はとりあえず延期。駅前でレンタカーに乗り換えて、二日目予定だった岩木山を繰り上げる。明日晴れれば八甲田山も行けるだろ。

まずは弘前に向かう。大体下道で1時間くらい。弘前でホテルの駐車場を押さえつつ、青森郷土料理を食べて2時くらい。こっから岩木山まで1時間くらい。

th_IMG_2701.jpg
先に見える裾野が岩木山。雨は小降りに。一応行ってみっか!

th_IMG_2702.jpg
この山、車で八合目まで登れるのだ!往復1800円な。
JAFカード提示で1600円になります。

th_IMG_2767.jpg
冥界のような霧世界が続くワインディングロード。
th_IMG_2768.jpg
大丈夫かこれ。5メートル先の視界もないぜ。
th_IMG_2725.jpg
八合目。こっから40分のところをなおかつリフト使える。
一応営業してたんで当然乗ります。

th_IMG_2706.jpg
晴れてたらさぞ絶景なんじゃろうて。
行く意味あんのか。でも行かねば。これピークハンターの辛いとこね。

リフト山頂駅15時着。を左に歩くと標識があります。
th_IMG_2711.jpg
霧により見逃してしまった。これは帰りに撮った写真。

間違えると鳥海山とかいう謎ピークに到着する。往復20分のロス。
th_IMG_2709.jpg
th_IMG_2710.jpg

急いで戻って時間は15時20分。
リフト終わりは16時10分とか。天候雨。

仕様がないので早歩きで登る。こっから40分くらいとか。まあ行けないことはないだろ。

th_IMG_2712.jpg
岩が滑る。途中の小屋。

th_IMG_2713.jpg
まだ行くのか。案外遠いな。
実はここで引き返したけど後続の人があがってきたんで同行させてもらう。

th_IMG_2714.jpg
山頂!1625M。いやー、なにげに苦労したわ。
リフトから15分くらいかと思ってたもんなあ。

th_IMG_2715.jpg
th_IMG_2720.jpg
荒涼としておるね。

th_IMG_2721.jpg
霧、っつうか雲の中だからなにがなんだか。

th_IMG_2722.jpg
まあこの時間でビーサンで登ってる強者もいたけどね。
俺もジーパンにスニーカーという謎装備なので人のことはいえない。

th_IMG_2723.jpg
リフト駅でちょっと雨宿り。ここでジュース買えます。

th_IMG_2724.jpg
16時10分リフト下山。
もっかい天気がいい日に来ないとなー。

帰りは嶽のきみっつうトウモロコシと岩木山養蜂でお土産買って帰った。
はちみつは美味かったよ。これはいいお土産なのでは!





| before-山登り | 21:23 | comments(0) | - |
アラフォーコンパの悲哀と現実
 昨日は久々に俺主催の飲み会っつうかコンパだったんだが、もはやなにも期待してなかったので店の予約すら取らなかったわ。渋谷のちとせ会館に20時に集合な。ってことルーズに約束して肉横丁で適当に空いてる席に座る野郎飲みレベル。

先方からはミッドタウンとかオシャレなテラス席予約の打診もあったが、俺がそんなお洒落な場所をこのコンパで予約するわけがなかろうもん。大体先方幹事も35絡みということでお察しなわけだが、アラサーというよりもうアラフォー世代なのよね。俺も前に座った妙齢の女性に歳を尋ねたらサンパチという謎の単語を発してたからね。少子高齢化はもはや人ごとではないよ。

うーん、客観的にいってね、女はプライド高すぎんだよね。ケチくさいかもしれんが、金もあんま払おうとしないし。奢られて当然、みたいな風潮が通じるのは若い時分だけだぜ。貴方俺らより年上ですし。ワリカンなら納得感あったよ。

だいたい「はじめまして」って自己紹介して話題をふって気を使って飲んで金出すくらいなら、気のおけない男同士でボウリングとかダーツとか麻雀とかしたほうが10倍楽しいんだけどな。。。


はっきりいってね、異性飲み会はモテないとつまんないや、と思ってしまった。歳をとって俺が偏狭になってしまったのかもしれないけどさ。わざわざ場を盛り上げて奢る意味が分からない。ま、もちろんメンツによるんだろうけどさ。

打算的になっちゃうと楽しめないのは分かっているんだけどさ。
ただこういうメンツが並んだ時でも多少アグレッシブな姿勢を保てるといろいろ展開も変ってくるんだろうな。
| before | 14:38 | comments(0) | - |
麻布にボルダリングジム
 ボルダリングジム無風地帯の麻布エリアにジムが二つもできたようで。



B2のほうはどっちかっていうと田町エリアだよな。
まあ六本木から行きやすそうで、会社帰りに便利そう。
お盆明けからでも行ってみっかなー。


| before | 14:03 | comments(0) | - |
会津駒ヶ岳/燧ヶ岳いってきました【100名山】
 ピークハンターにとって夏は踏破数を稼ぐチャンス。今回は南会津に一泊して尾瀬と駒ヶ岳を攻略する。燧ヶ岳は群馬側からじゃなく福島の檜枝岐からアプローチすることにより、会津駒ヶ岳との2峰が可能になるのだ。知らなんだ。尾瀬沼は夏は激混みだもんな。

土曜5時出発。1日目は会津駒ヶ岳を登って下山後、投宿のスケジュール。檜枝岐温泉はじゃらんでいっぱいだったんで、ちょっと戻った高杖原のペンションを予約した。

西那須IC降りて90キロ。南会津遠いわ!9時くらいに登山口到着。
th_IMG_2614.jpg
この時間は路肩駐車に。結構見逃しやすい登山道なので注意。

th_IMG_2615.jpg
ここにねじこめないと30分降りた国道のパーキングになってしまう。

th_IMG_2618.jpg
快晴。樹林歩き。
th_IMG_2620.jpg
むちゃくちゃ暑い。

th_IMG_2622.jpg
しかし段々天気は悪くなっていく。

th_IMG_2626.jpg
湿原ぽいところなのよね。

th_IMG_2627.jpg
ラスト。遠くに見えるのが駒の小屋。天気悪いけどなかなか明媚。

th_IMG_2628.jpg
小屋の近くの様子。
th_IMG_2631.jpgth_IMG_2631.jpg
ベンチもあります。

th_IMG_2646.jpg
小屋のちかくのオコジョのオブジェ。

th_IMG_2645.jpg
なかなかいい小屋らしいね。

th_IMG_2632.jpg
小屋から15分くらい。ゴール!

th_IMG_2641.jpg
山頂部近くからの振り返り。いかにも降りそう。

th_IMG_2647.jpg
途中雨に濡れながら15時下山完了。

th_IMG_2649.jpg
車で1時間くらい戻って高杖原に。ペンション村も人すくねーなー。

th_IMG_2650.jpg
まあ、なかなかいいところだったよ。ペンションのメシはうまかった。

お弁当をお願いして就寝。

もちろん次の日は寝坊スタート。7時30分にペンションを出る。
8時30分、御池駐車場。
th_IMG_2658.jpg
しっかりした駐車場。1000円。
こっからシャトルバスで尾瀬沼にもいけたりすんのな。
昨日の疲れもありながらもしょうがないので登ることに。

th_IMG_2659.jpg
ジャングル的なところからスタート。

th_IMG_2661.jpg
1合目。こっから3合目までが急登。

th_IMG_2663.jpg
一回湿原挟みます。

th_IMG_2664.jpg
また登り。

th_IMG_2665.jpg
もっかい湿原。ここまで2時間くらい。な

th_IMG_2666.jpg
ここは明媚。ベンチもあります。こっから山頂まで1時間30分くらい!

th_IMG_2671.jpg
到着。
手前に俎グラとかいうフェイクピークがあるので注意。

th_IMG_2673.jpg
尾瀬ケ原を望む。

帰りは1時間30分で超特急で下山したよ。
駒の湯ってとこで温泉はいって16時。20時には東京いたから優秀だよね。

しかし南会津は遠い!THE 田舎の夏って感じで雰囲気はよかったけどね。2峰登ると忙しいねえー。この遠さなら2泊は欲しかったかも。


| before-山登り | 14:18 | comments(0) | - |
7月のまとめエントリー
 あっというまに流れた7月。
ルゥちゃんと遊べたのがよかったかな。

03日(木)吉高ちゃんをボルダリングに連れて行く
新宿三丁目で飲み→カラオケ→ラブホ泊
05日(土)静香嬢とWINS→幕張イオンモール→高円寺で飲み
06日(日)渋谷WINS 取引先子ちゃんと遊ぶ
11日(金)ルゥちゃんと大塚で飲み→泊
12日(土)送って→取引先子ちゃんと日光男体山へ
13日(日)日光男体山登り→帰って渋谷でタイ料理 
19日(土)登山が流れて家競馬→地元独り飲み
20日(日)実家→夜から取引先子ちゃんと飲み→泊
21日(月)夕方からボルダリング→泊
25日(金)御嶽山 辰野車中泊
26日(土)御嶽山登山 塩尻泊
27日(日)乗鞍敗退 帰って静香嬢と飲み
29日(火)赤坂で登山打ち合せ飲み

遊ぶメンツが固定化してるな。。。男友達と全然遊んでねーよ。これは金も減るは。
平日けっこう忙しいからね。悪くないことなんだけどね。
| before-まとめ | 14:51 | comments(0) | - |
御嶽山いってきました【100名山】
 たまにはソロ山行を、ということで日帰り登山+関東近郊というフィルターで木曽御嶽山をチョイス。仕事終わって用意して金曜23時出発。

登山道入り口の駐車場で仮眠かな、と思ってたけど思いのほか道中が長い。高速3時間+下道3時間。未踏の深夜の下道3時間はちょっとな、ということでAM2:30辰野PAで仮眠を取る。こういう時一人だと取り回しが楽よの。相談もいらないしな。

AM6:00起床。寝過ごしたパターン。下道を飛ばして9時に田野原に到着。これは御嶽ロープウェイ登山口を選んだほうがよかったな、アプローチが遠すぎるよ。駐車場は既に満杯。路肩に並んでる車の後続に駐車。

th_IMG_4425.jpg
これでもギリギリのタイミングだったみたい。

th_IMG_4427.jpg
お山は快晴。

th_IMG_4428.jpg
登山道。御嶽講の人たちの大会があったようで白装束の人がたくさん。

th_IMG_4430.jpg
バードウォッチャーの方々も。

th_IMG_4431.jpg
参道的な直進ルートを進む。

th_IMG_4433.jpg
この青と緑のコントラストよ。

th_IMG_4434.jpg
雲の中も歩く。

th_IMG_4436.jpg
抜けるとまた快晴。

th_IMG_4439.jpg
雲の上なんだよな。

th_IMG_4440.jpg
上に見えてるのが頂上小屋。
これが全然近づかないんだよ。

th_IMG_4441.jpg
ようやく小屋到着。

th_IMG_4442.jpg
神社があります。山頂はどこだ???で奥に進むと

th_IMG_4443.jpg
ドジャーン。まだあんのかよ!
典型的なフェイクピーク。見えてる頂上は大体頂上じゃないんだよ。

th_IMG_4445.jpg
荒涼とした風景を20分登る。

th_IMG_4448.jpg
出発から2時間30分。今度こそ頂上!

th_IMG_4447.jpg
3067!初3000メートル登頂。

th_IMG_4456.jpg
雲上ですよ。おにぎり食べたので帰ります。

th_IMG_4457.jpg
いい山でした。

1時間30分かけて下山。13時30分。このまま帰路という選択もあるが、また6時間かけてかえるのもなー、ということでここまで来たらもう一峰チャレンジ。

松本かなんかに投宿して、乗鞍に登ろう計画。
当日予約を探すと乗鞍高原のペンションと塩尻のビジネスホテルがあった。単独ペンションってのも浮きそうだったんで、塩尻に決定!

ここからも地味に遠かった。塩尻まで下道3時間。。。木曽クソ遠いわ。。。
夕方ホテルについて風呂はいって街に繰り出す。

th_写真.jpg
祭りやってたよ。
塩尻すげー盛り上がり。

馬刺と山賊焼きと鳥もつ食べて22時に就寝。
キャバクラとかそういうの全然ないのね。。。



朝は気合いの4時30分出立。こっから1時30分かけて、乗鞍の観光センターバス乗り場まで行くのだ。6時10分が始発バス。7時に畳平着いて、2時間で剣が峰往復、9時のバスで戻って10時に駐車場。1時間で松本インターまで戻れば昼に諏訪湖には着くな。そっから2時間30分かけて帰還だな、という青写真。

th_IMG_4459.jpg
さっそく駐車場で往復2500円のチケット買ってバスに乗り込む。
で畳平到着。
th_IMG_4460.jpg
、、、、なにこれ。

th_IMG_4461.jpg
???

マジでなにも見えない!スーパー濃霧。

しかも当たり前のように雨具、長ズボン等は駐車場に置いてきております。
駐車場は快晴だったのに、、、!

これは、、、明らかな装備不足!
みんなダウンとか着てるのに俺だけ半袖半ズボンですからね。

20分くらい登ったけど、こりゃダメだは。ってんで引き返す。
フル装備だったら余裕だったんだけどなー。
典型的な山素人です。ほんとうにすみませんでした。
これも単独行ならではの自己責任というやつ。

8時のバスで帰還。
そのままノンストップで東京まで帰還。13時には笹塚にいました。

【2泊3日(車中泊含む)費用】
高速1万
ガス1万
宿泊1万
食事1万

うーん、やっぱ独り旅はちょっとコスト高だね!
でも楽しかったからまたしよう!
| before-山登り | 18:03 | comments(0) | - |
メガネ欲しい
 唐突だけどメガネが欲しい。ダテメガネでいいんで、なんかオシャレな奴。ブランドもんが気分な感じだ。最近ぜんぜん服とか買ってないねえ。

このプラダの迷彩のはかっこよさそう。



| before-物欲 | 19:52 | comments(0) | - |
土曜引きこもって競馬全レース買った結果
登山予定が雨で飛んだんで、一度やってみたかった、グリーンチャンネルでパドック視聴しながらの、全レース買い。

福島、中京、函館の三会場×12レースの全36レース。朝9時50分から15時40分まで。

新聞は買わないでパドック推奨馬を完全信用して買っていく。

4頭推奨の時は三連複ボックス買い。プラス馬連一番人気流し。

5頭、6頭推奨の時は一番人気流しで三連複。

1番台の馬がいたら、馬単、三連単も狙っていくというやりかた。


結構忙しいのな。パドック見る→予想メモ→オッズで判断→アプリで購入→レース視聴→てやってると割りとバタバタする。二回違うレースを間違って買って、三回買い逃した。

結果↓


一万の予算で1100円負け。

半日以上潰してやるもんじゃないけどな。まあ遊べる。

まあ、しかし結構当たるな。推奨馬買ってると三連複2頭まで当たるパターンが多かった。ワイド戦略にしてたら浮いてたかもしんない。

全体的に荒れ気味だったけど5回くらい三連複取れたからねー。一頭切って違う自分の予想馬を入れるとちょうどいいかも。

まあ、時間は使うわりに労力がかかるわ。一回14500円ついた時にやめればよかったんだけどね。もう面倒だからやんない!
| before-競馬 | 16:55 | comments(0) | - |
男体山いってきました【100名山】
 金曜から出発して、土曜の晴天を使って磐梯山の計画だったんだけど、金夜に俺がルゥちゃんと遊ぶ約束をいれてしまったんでリスケしてしまった。んで、土曜の午後からに改めて、ということで出発したんだけど東京出発が15時という遅さ。これはさすがに福島は遠すぎるよなあ、ってんで東北自動車道沿いの未踏百名山といえば、男体山に目標を定める。

宇都宮で一泊して餃子食べたりしてからと思ってたけど、日光は案外宇都宮からも割と距離あるんだよな。ってんで清滝近くのペンションを予約することに。じゃらんはやはり便利。

登山はちょっと出遅れて9時登山開始。境内の駐車場は空いてなかったんで市営の駐車場にパーキング。

th_IMG_2504.jpg
境内の丑。

th_IMG_2505.jpg
th_IMG_2506.jpg

th_IMG_2507.jpg
登拝というらしい。500円でお守りを貰える。

th_IMG_2508.jpg

th_IMG_2509.jpg

th_IMG_2510.jpg
階段登って一合目。

th_IMG_2511.jpg
二合目は発見できず。舗装路にでる所で三合目。

th_IMG_2512.jpg
白い鳥居で四合目。やたら雲が多い。

th_IMG_2513.jpg
避難小屋で五合目。ここで中学生の遠足的なのに追いつく。

th_IMG_2514.jpg
150人くらいいたからタイミングよく抜かして登る。

th_IMG_2515.jpg
八合目?もう小雨状態。

th_IMG_2516.jpg
急がないとこりゃ本降りになるぞ。

th_IMG_2517.jpg
森林限界を超えて山頂へ。

th_IMG_2518.jpg
th_IMG_2519.jpg
th_IMG_2520.jpg
頂上の様子。もう雨風強くていらんないわ。
適当に写真撮って撤退。
眺望もゼロ!中禅寺湖も一切見えませんでした!

9時から登って2時間30分くらいで頂上。
下山で14時過ぎだったから5時間30分くらいだね。

これは天気のよい時に別ルート登山もありかな。

| before | 14:23 | comments(0) | - |
| 1/124PAGES | >>